>

銀行系カードローンとサラ金の違い

銀行系カードローンとサラ金の違い

少額の無担保融資は、大きく分けて銀行系が提供している
カードローンと、サラ金やクレジット会社が提供している
キャッシングに分かれます。

それぞれに特徴を持っており違いを出していますが、
カードローンのメリットとしては金利が低く
借入限度額を設定するうえで総量規制の縛りがないこと、
相談に行くにしても行き先が銀行なので、
カードローンを使っていることが周囲に知られにくいこと、
母体が銀行なので安心して利用できること
などが挙げられます。

一方、サラ金の方は申し込み手続きが簡単で、審査に通りやすいこと、
融資スピードが速く、最短で即日融資も可能
なこと、
提携atmが多いので払い出しや返済が簡単にできること、
営業時間帯が長いので、不規則な勤務の人でも利用しやすいこと などがメリットになっています。

自分の利用条件にあった選択を

カードローンの場合、申し込み手続きの段階で記入することがたくさんあります。
年収や勤務先はもちろん、勤続年数や直近での他の金融機関への
カードローンやサラ金等の申し込み歴、これまでの借り入れ履歴なども調べられます。

カードローンはこれらの項目一つ一つに対してきちんとチェックをしますので、
申し込みをしても審査に通らない人も多いです。
また、審査スピードがかかるというデメリットもあります。
その代り、金利はサラ金の半分以下のところもありますし、
年収の3分の一以上の融資も可能になっていますので、
信用が上がればどんどんカードローンの利用限度額が上がります。

一方、サラ金の場合は金利が高い点がカードローンと違います。
その代り、審査に通りやすいので、過去に金融事故を起こしていたり、
安定した収入はあるものの定職についていないなどの理由で
カードローンが使えなかった人などを含め、利用者の数は年々増え続けています。
いずれかを利用するときには、自分がどれくらいの期間、
いくらぐらい必要なのかを考えて選ぶようにしましょう。

それぞれに特徴がありますので、上手な金融機関選びが大切です。